<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
Re:(アール・イー) 超ネタバレ注意!!
こちらのブログの投稿は久しぶりになります。
このところはアメブロメインになっています。
こちらのブログまだ、見てくださってる方いるのかな。。。。
敢えてこちらに投稿させていただきます。


先日、幸運なことにとても競争倍率が高かったと予想できる
こちら↓のチケットの抽選に当選し、
渋谷にあるシブゲキへ行ってまいりました。
 

『Re:』(アール・イー)

それは、1通の間違いメールから始まった。
男優と女優が読み上げるメールで紡ぐ、特別なラブストーリー。


CBGKシブゲキ!!から新しく発信するリーディングドラマ「Re:」(アールイー)は、A.R.ガーニーの名作「ラヴ・レターズ」のように、何組もの俳優により長い期間に渡って上演されることを想定した、大人の男女のためのドラマ。 日本オリジナルの新作書き下ろしです。
洗練された大人のための、特別に贅沢で濃密な時空間をお届けします。どうぞお見逃しなく。

[作・演出]土田英生

[出演]3月20日(火・祝)藤木直人 × ベッキー
3月22日(木)  竹中直人 × 中越典子
3月24日(土)  古田新太 × 宮沢りえ
3月25日(日)  生瀬勝久 × 仲間由紀恵

感想などはアメブロの方に投稿したのですが。
こちらには覚えている範囲でストーリーを書こうと思います。
細かいことは覚えてません。
もしかして大まかなことも覚えてなかったりして。。。
簡単なあらすじですがネタバレです。ご注意ください
・・・・と思いましたが書いているうちに簡単じゃなくなってきました。
ちょっと長文です。
しかも記憶はあやふやです。
ご了承ください。
下の「続きを読む」から行けます



舞台のイメージ
朗読中は照明が落ちます。
前方の椅子に座る2人にだけスポットライトが当たります。


出会いは間違いメール
片山夏希が友達のアヤノちゃんの不倫相手と思われる佐々木さんにメールを送ります。
夏希は佐々木さんには面識がなく。。。というか
アヤノちゃんの不倫相手に面識はありませんでした。
イニシャル、仕事の話などから自分で調べて
取引先に勤める佐々木さんにたどり着きメールを送りました。
でも、そのメールを受け取ったのは佐々木の部下の堂山参太郎でした。

私が見たのは片山夏希=ベッキー、堂山参太郎=藤木直人です。
 
夏希のメールの内容は
「11月2日(だったような)○○時○○分 件名 突然ですが」
 アヤノには内緒で調べてメールを送っています。
 アヤノが佐々木さんとの交際のことで悩み体調を崩してる。
 アヤノは国宝級にいい子で
 あなたの事で悩んでいるのを見ていられないのです。
 どうしても佐々木さんが真面目にお付き合いしているとは考えられない
 奥さんと別れる気はないんですよね?
 アヤノと別れてください? 片山夏希」
という内容だった。。。かな。
もっと詳しく、畳み掛けるような抗議のメールでした。

「11月2日 ○○時○○分 件名 アールイー 突然ですが」
内容はあやふやで、実際はもっと長いです。
「人違いをしていませんか?
 佐々木は私の上司ですが(って送る相手も間違えてる)
 私にはどうしても佐々木が不倫などするようには思えないのです。
 堂山参太郎」
そして、一方的に抗議のメールを送ってきたことに対して
参太郎も抗議します。
良くある最悪な出会い・・・って感じ。

お互いに抗議のメールを交わすうちに
佐々木とアヤノの不倫相手は確実に違うとわかります。
アヤノの不倫相手は、ジャガーにのる長身(?)の既婚男性。
でも、佐々木は既婚ではありますが50歳くらい(?)
身長152cmでママチャリで会社に来てる。
しかも、頭は薄くなってる。。。
かなり優しくていい上司。

ちなみに、そのやり取りの中で参太郎も自分が既婚であると言っています。

参太郎の方からアヤノの不倫相手の件で
「そちらの間違いですよね?」
といった内容を何度か一方的に送ります。
ちょっとしてお詫びのメールが届きます。
今まで強気だったナツキが初めて素直に謝りました。
ナツキはそそっかしいところがあるとのこと
「ご迷惑をおかけしました。
 もう、メールは送りません 片山夏希」

その後、参太郎はアヤノの不倫相手を探して夏希にメールをします。
参太郎や佐々木と同じ会社に勤める笹倉ではないかと。
彼はジャガーに乗って出社してるし
そういう悪いうわさが絶えない。
その笹山がアヤノの相手だと分かったのですが
夏希は抗議のメールを再び入れるつもりありませんでした。

その後、普段の行いの悪さからかジャガー笹倉は左遷され
アヤノとも別れることになりました。
あれ?奥さんとも別れた?そこは忘れちゃった

しばらくして、
夏希の方から参太郎に仕事の打ち合わせの件でメールを入れます。
いついつ打ち合わせがありますが大丈夫でしょうか?
こちらからは私と○○が参加します。
参太郎の返事で
こちらからは私、堂山と佐々木が参加します。

そして、この打ち合わせで初めて夏希と参太郎そして佐々木が顔を合わせました。

打ち合わせの後にまた仕事+私信のメールを送りあう二人。
夏希から見て参太郎はかっこよかった。
参太郎から見ても夏希はかわいかった。
・・・とお互いに好印象だったようで
夏希は佐々木さんに関しても
確かに国宝級に(?)いい人でしたねって。
打ち合わせの後2人で食事にでも行ったんだっけかな?

夏希のお家のトイレの電球が切れ
一緒に買いに行く約束もしたようです。

そのあとのメールから参太郎の文章が劇的に変わります。
とても砕けた雰囲気で夏希ちゃんとか呼んでるし。
食事(飲み?)の際、夏希が「私の胸のサイズを当てて」
みたいな会話があったようで
でも、参太郎の答えは間違ってた。
夏希は「もっと大きいよ」って
「裸になって見せてくれたらわかるのに」
とか言ってたかな。。。。
オイオイ参太郎さん。。。

「それはできません」と夏希

それから、週1くらいで食事をするようになり
メールもいい感じに。
。。。でも、ちょっと待ってよ。。。
参太郎は既婚って言ってたんじゃ。。。

お互いに参太郎が既婚者である事を意識しだして
夏希の方からもう会わない方が。。。と
もともとアヤノの不倫相手に抗議のメールを送ったことで知り合ってますから。
参太郎だってそれは理解してるようですが
じゃあ最後に食事だけでも。。って会って
遂に一夜を共にしてしまったようです。
夏希の方から帰りたくないって言ったとか。

お互い気持ちを抑えて
会わないようになりました
その間、参太郎にはいろんなことがあったようで
夏希には知らせず会社を辞め、
離婚もし、両親はいないけれど実家のある田舎へ戻ります。

仕事の件で夏希が参太郎の会社に電話をし
参太郎は退社したと知らされます。
夏希は参太郎にメールを送り
会社を辞めて一人で田舎に暮らしてることを知ります。
参太郎は夏希に会いたがりましたが
夏希には彼氏ができたようです。
「もう遅いよ・・・・」と

なのに?いきさつは忘れたのですが
1週間ほど参太郎の田舎のお家に遊びに来ます。
とても楽しい1週間だったみたい。
でも、再びお付き合いを始めるとかそういうことはなく
夏希は帰りました。

余談ですが
参太郎はゴールデンレトリバーみたいな犬の雑種を飼っていたようで
夏希にもなついたって。
名前はコウズノスケだったかな?
忠臣蔵が好きだから。。って
でもね。忠臣蔵。。。ということでか
結局早死にしちゃったのよね。

遊びに行った際、ブラを参太郎宅に忘れたようで
「捨ててください。。
 あ〜。でも一番高かったのになぁ〜」
とかいう会話がありました。

その後、夏希は付き合っていた彼氏とできちゃった結婚。
参太郎は画家を志し、スペインへ移住します。
いきなりの展開。
参太郎の書く絵は抽象画だそうです。

スペインへ行くころ夏希へメールを送ります。
そろそろ子供も生まれたころでしょうか?
元気でやっていますか?
私は絵の勉強をするためスペインへ渡ります。
といった内容。
でも、返事は来ませんでした。

参太郎はコツコツと下積み生活を送り
長い月日をかけてスペインで人気の画家になります。
このころ、何度か夏希にもメールを送ってたかな?
一方的に。


数年たって夏希が参太郎にメールを送ります。
しばらく、参太郎のメールは読んでいませんでした。
いろいろあってパソコンを開く気にもなりませんでした。
実は子供は死産だったこと
そして、優しかった旦那は豹変し
子供を死なせたことを責められ続けた。
遂には離婚をしてしまったこと
自分の辛い状況をメールにしました。


でも、そのメールは参太郎のところには届きませんでした。
もともと、会社時代に使っていたメールアドレス。
その会社は倒産、メールアドレスも消えました。


たまたま夏希は参太郎の元上司の佐々木さんに会ったようで
佐々木さんに参太郎のメールアドレスを聞きメールをします。
届かなかったメールの内容は書かずに。
ちょうど、あのアヤノちゃんがスペインに行くことがあり
是非あってあげてというメールでした。
そういえば、スペインではテロが発生してるというけど大丈夫?
みたいな内容もあったような。。。

そして、何度かメールを交わし
参太郎は夏希が悲しいことを乗り越えて一人で頑張っていることを知ります。
でもそのスペインからのメールがおかしいの。
すっかりスペイン人というか。。。陽気な感じの参太郎さん

スペインで画家として認められ、忙しく過ごしてる。
今度、日本で個展を開くので見に来てほしいと。
日本でも画家、堂山参太郎は話題の人になっていて
渋谷の駅構内にも個展のポスターが貼られるほど。

そして、そこに描かれた絵は目が4つあるような
ちょっと難しい抽象画。
そのモデルは夏希だそう。

夏希は日本で個展が開かれることは喜び
絶対見に行くと言ったが
参太郎に会うつもりはないと。
もう、昔の私じゃないから。。って
住む世界も違う。

でも、参太郎は夏希の事がやっぱり好きだと
会いたい。食事するだけでもいいから。
個展のちょっと前に日本に着くので時間があればあってほしい
いや、時間がなくても作ってきてほしい
もしアルバイトがあっても休んでほしい
○○発の○○便に乗るから空港で待っててて。。。と

メールを受け取った夏希は
「もう飛行機の中なので届かないかもしれませんが
 アルバイト休んじゃいました。空港で待っています」
と飛行機の中の参太郎にメールをします。

この時、なぜか直人さん側の照明が落ちます。

鈍感な私はその意味に気が付きませんでした。

そして、夏希からの沈んだメール
「気が付いたら私は空港の医務室にいました。
 参太郎さんの乗った飛行機があんなことになるなんて
 私は、待合室で気を失って倒れたようです。
 このメールはもう参太郎さんに読まれることはないけれど
 思い出の日の今日(初めてメールを送った日)
 最後のメールを送ります。
 あの日を機にスペインでのテロは消滅したと聞きました・・・
 片山夏希」







。。。とこんな感じだったでしょうか。。。
ストーリー的にはこのような流れでした。
実際にご覧になった方で
ここは違うよというところがあったら教えてください。
コメントは認証制にしています。
非公開を希望されれば非公開にしますので
ご意見があればお願いします。。。。
| つれづれ | comments(2) | -
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
正解。
心が通い合ったと思った時なのに
もう二度と会えなくなってしまったの。

あ。最後までわからなかったのはたぶん私くらい
みんな
「途中から、最後の展開わかっよね」
って言ってたから。
ちょっと後で訂正しますが
夏希の最後のメールに
「これを機にスペインでのテロはなくなりました」
と書いてありました。
| caolyna | 2012/03/23 8:03 AM |
わー!Caolynnaさん、こんなに長いplotありがとうございます!私のわがままでこんなに貴重な時間を割いてくださって...感激です。
聞けばまた更に見たくなりますね。
これをどうやって演じられていたんだろう?って思うといてもたってもいられなくなりました。

えー!ヒントってなんだ? テロに巻き込まれて飛行機墜落?負傷?参太郎さんは死んじゃうの??
夏希の最後の「医務室にいました」ってメールは誰に送ってるの?読まれることもない参太郎さんのメール?

caolynaさんが最後までわからなかったって言ってる位だから、その辺、あやふやにぼかしたものだったんでしょうね...

たったの6500円で直人さんと過ごす密室の1時間40分。
このチケットに8万円以上払った人もいるし、北海道や全国各地から飛行機で飛んできた方もいるし、caolynaさんは本当にラッキーでした。
そして、そのまれなる幸運を私達に分けてくれてありがとう...

Mimi

| Mimi | 2012/03/23 12:56 AM |
コメントする